三坂堂店主





<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 大和プロムナード古民具骨董市 | main | 明日は東寺ガラクタ市に出店します。 >>
古いものを売るって?
骨董、古美術、古民芸、古道具の定義は人それぞれ違う。
僕もいわゆる新感覚派の部類の業者だと思う。インテリアやデザインの興味から古いものに興味をいただきそれらを売るようになった。始めた頃は古美術的な要素の強いものを理由も無く毛嫌いしていたような気がするが、数年この商売をしてくるとやはり時代が古く優れた品の良さを少しずつ理解できるようになってきた。
物を作る職人が同じものを何千何万とつくり続けて見事な工芸品を作るように、過去に評価されてきたもの、今評価されているものを数多く、観て触れて扱うことが大事ではないかと考えるようになった。当たり前のことだと思うが、ここ最近ようやく気がついた。
こちらに移り住んでより多くのもに触れる機会が多くなり、自分の古いものに対しての見方がいかに偏った狭いものだったかを感じた。どんなことでもそうだとは思うが基礎となるものがないと上辺だけではすぐに鍍金は剥がれてしまう、同じものを扱っていてもそれを選んだ過程が業者の魅力で扱う商品に表れるような気がする。お店の並んだ商品は店主自身の中身を診せているのかもしれないっと、日々迷走中。

*今週の水曜(3/25)の商品は都合により休ませていただきます。大変申訳ございません。



スポンサーサイト
web shopをひさびさに覗きました。
平清水のいちばん小さいサイズのが素敵です♪
なんでこんなに平清水に惹かれるのでしょうか…私。
mashumix | 2009/03/26 20:43
こんばんは、お久しぶりです。
今は日本でしょうか?
平清水はほんとに良いですよ。
最近は粉引きの白っぽいものが人気ですが、他にも良いものがいっぱいあります。着飾ってなくて好感が持てますよね!
関西なのでなかなかお目にかからなくなりましがまた東北に行った際は仕入れようと思います。
三坂堂店主 | 2009/03/27 23:12
COMMENT